カートの中には何もありません。

車種で探す

DUCABIKE SUPER SPORT / M1200 ‘17用 ステップキットをピックアップ!

Share

 
みなさんこんにちは! 先週はMotoGP日本GPが開催され、アンドレア・ドヴィツィオーゾ選手(ドゥカティ)が見事な優勝を果たし、シーズン5勝目を挙げました。ラストラップの最終コーナーまで、マルク・マルケス選手(ホンダ)と競り合い、近年のMotoGPでも屈指の名勝負が繰り広げられました。ウェットコンディションとは思えないほどの激しい攻防には、みなさんも手に汗を握ったことでしょう。DUCATI勢としては、ダニーロ・ペトルッチ選手(プラマック)も表彰台に上がりました。その実力と持ち前のキャラクターで人気上昇中のライダーです。ドヴィツィオーゾ選手は今回の優勝でマルケス選手とのポイント差を11に縮め、タイトル争いへ希望を繋ぎました。残すはあと3戦、オーストラリアGPは今日から始まっています。シーズン最後まで目が離せませんね!さて、今回のピックアップ商品であるDUCABIKEも、MotoGP DUCATIサテライトチーム、 Aspar Teamをサポートしており、当日はiMotorcycle JapanのFacebookページからピットの様子の配信を行いました。DUCABIKEはステップなどの非常に重要なパーツを製作・供給しています。今日はMotoGPステップと同じ工場で製作されている、ステップキットなどをメインにご紹介していきます。
 

ducabike_1006_2
ducabike_1006_3

 

今週のDUCABIKE入荷商品の一部です。ステップ系のパーツ類から、リアスプロケットフランジ、以前にもご紹介したクラッチバスケットなどが目立ちます。サイズも豊富なバーエンド類や、プラグ類も人気商品です。今回はこの中から、SUPER SPORT / MONSTER 1200 / S '17 用パイロットアジャスタブルバックステップと、959 PANIGALE 用エキゾーストサポートを詳しく見ていきましょう。
 
PRM120E2DD_1
 
こちらが1つのステップキットに付属する全てのパーツです。このキット1つで取り付けに必要な物は全て揃っています。あとは工具と頼れるメカニックの腕があれば準備OKです。SUPER SPORT 2017と、MONSTER 1200 2017の純正ステップは、一般的なオートバイとは異なり、エンジンを囲む形のフレームに沿った、大型のベースが使用されています。そのため、DUCABIKE製のステップもスイングアームシャフトピポットの機能を兼ねた、大型のステップベースが付属します。
 
PRM120E2DD_2
 
このように、なかなか特徴的な造形をしています。8ポジションのセレクタブルホールも、ステップベースと一体形成で削り出されています。この大きさのアルミ削り出し商品を目の当たりにすると、アルミパーツ好きの人はきっと心が躍ると思います。私もそうでした。また、表面に施されたライン加工も非常に美しいです。
 
PRM120E2DD_6
 
こちらがステップベースに装着する細かなパーツ類です。今回入荷したものは、ECOバージョンと呼ばれるモデルです。ECOバージョンとは、カラーをブラックのみとし、ヒールガードをアルミタイプ、ステップバーを固定式にすることにより、価格を低くおさえ、お買い求め安くしたバージョンです。
 

PRM120E2DD_7
PRM120E2DD_8

 
ECOバージョン以外の通常バージョンは、ステップベースと、フットレバーのカラー選択が可能で、カーボン製ヒールガードと可倒式ステップバーが付属します。ECOバージョンとの差額は14,900円です。お好みのカラーや予算によって、多数の選択肢があるのがDUCABIKE製ステップの特徴です。弊社では、ブラックのステップベースが人気ですが、DUCABIKEならではの選択肢として、派手目なレッドやゴールドもイチオシです。
 

dsc_1033_rosso_1
 
こちらがレッド / レッドの組み合わせです。ステップキットでこのようなカラーは、他社ではあまり見られません。オシャレは足元からとも言います。この機会に新たなカラーに挑戦してみるのはいかがでしょうか。なお、肝心のステップ位置につきましては、セレクタブルホールとステップペグの組み合わせにより、上下左右に約2cm程度調整が可能で、ステップペグと、シフト・ブレーキペダルの先端は、エキセントリックタイプ(軸をもとに回転するタイプ)ですので、かなり細かな調整が可能になります。詳しくは商品ページをご覧ください。
 

ss02_3_2

 
続いてご紹介するのは、959 PANIGALE用エキゾーストサポートです。純正のサイレンサーステーは、タンデムステップと一体になっているため、タンデムステップを取り外したい場合は、右側だけが残されてしまいます。そんな時、この商品があれば、タンデムステップは丸ごと取り外し、サイレンサーとマシンを繋げることができます。一人乗りしかされない方や、サーキットユーザーの方は、タンデムステップは取り外したいところですよね。このサポートがあれば、軽量化と同時に、959 PANIGALEのルックスが更にレーシーなものに仕上がります。
 

ss02_2_2
ss02_3_2_1

 
エキゾーストサポート本体は、ブラックパウダー塗装のステンレス製で、DUCABIKEのロゴがあしらわれたデザインです。取り付け用に専用のワッシャーと説明書が付属します。ボルトオン設計なので簡単に装着することが可能です。
 
ss02_3
 
こちらが装着時の様子です。959 PANIGALE とも違和感なくマッチするデザインで、リア周りがスッキリまとまります。
959 PANIGALE 用SC-PROJECT製サイレンサー3種類も、純正サイレンサーと装着位置が同じなので、このエキゾーストサポートをお使い頂けます。
 
SS02_5
 
また、のちほど詳しくご紹介しますが、 MONSTER 1200 R / S ‘17用エキゾーストサポート(写真右)もございます。販売開始からヒット商品となり、サイレンサーと同時購入される方が多いです。
 
1507533245-ducati_monster_1200s_silencieux_scproject_monster1200s_pot_echappement

 

1507533900-monster_1200s_silencieux_scproject_s1_monster1200s_scproject_pot_echappe...
 
サイレンサーと言えば、 先日ついに待望のMONSTER 1200 S 2017モデル用 SC-PROJECT製品が販売開始となりました。今までは MONSTER 1200 R用の一部のサイレンサーのみが装着可能でしたが、このたび一気に4種類(オーバルサイレンサーは2タイプあり)が新たにラインナップへと加わりました。注目は多数のラインナップのうち、ごく一部の車種にしかラインナップされていないCR-Tツインタイプ。そして、スーパースポーツモデルを中心に圧倒的人気を誇る、S1タイプも登場しました。その他にも、消音バッフル付属のオーバルタイプ、SC-PROJECTの代名詞とも言えるCR-Tタイプ(シングル)もしっかりラインナップされています。
 

dsc_1027
dsc_1031_1_1

 
また、この新しいサイレンサーをご検討中の方で、タンデムステップは使わないよ!もっと重量を下げたい!という方は、MONSTER 1200 S 2017用エキゾーストサポートも合わせてお買い求めください。サイレンサー交換のタイミングでサポートを取り付ける方が効率的です。
 
いかがでしたでしょうか。この秋に入り各ブランドは新商品を続々と展開しております。新商品の情報は、弊社ウェブサイトトップページの、新規商品コーナーにいち早く表示されます。また、今はラインナップが無い商品や車種がある場合、ご連絡をいただければ、今後その商品が登場した際には、いち早くご連絡差し上げることも可能です。ご希望の方はお問合わせフォームよりご連絡下さい。

コメント
© iMotorcycle Japan. All Rights Reserved.