カートの中には何もありません。

車種で探す

SC-PROJECT R25 / R3 用フルエキゾーストシステムが入荷!

Share

みなさん、こんにちは! 週末はよく晴れて真夏のようでしたね!iMotorcycle JapanのFacebookページでもご報告しましたが、土曜日にはBMW Motorradの走行会イベントに出展いたしました!イベントの様子などはFBでも更新しておりますので、是非とも「いいね!」お願いいたします!
 

sc0419in_11
sc0419in_22

 
さて、今週分のSC-PROJECTサイレンサーの入荷は、ご覧の通り沢山です!あまりに多いので撮影ブースが映ってしまうほどです。いつもこのブースを使用し撮影をしております。来週の入荷も楽しみになりますね。今回はこの中から、YZF-R25 / R3 用 フルエキエキゾーストシステムを3種類紹介したいと思います。
 
yamaha_r3_300_sc-project_scproject_yzf_auspuff_gpm2_gp-m2_carbon_sportau...
 
yamaha_r3_300_sc-project_scproject_yzf_cr-t_titan_sportauspuff_auspuff_1
 
yamaha_r3_300_sc-project_scproject_yzf_auspuff_s1_titan_sportauspuff
 
日本でも人気のYZF-R25 / YZF-R3用フルエキゾーストシステム SC-Project では、YZF-R25 / YZF-R3用として多数のエキゾーストシステムを生産しています。その中でも、非常に高い人気を持つタイプは、2-1 GP M2サイレンサー2-1 CR-T サイレンサー、そして、2-1 S1 サイレンサーです。 3種類のエキゾーストシステムの大きな違いは、サイレンサー形状にあります。
 

タイトルなし

 

y23-c18c_04

 

y23-c18c_06
y23-c18c_07

 
まずはGP M2サイレンサーをご紹介。SC-project社が、世界ロードレース選手権の一つ“Moto2”クラス で激闘を繰り返していた時に開発されたサイレンサーです。 Moto2クラスは、エンジンスペックが同等の車両で戦いが繰り広げられるため、エキゾーストシステムは、エンジンパワーを最大限に引き出す為の最大のアドバンテージとなり、マフラーメーカーの最大の見せ場となるクラスです。GP M2サイレンサーは、そこで活躍していたサイレンサーなのです。
 

y23-c38t_02

 

y23-c38c_1_2
y23-c38c_06

 

y23-c38t_05
y23-c38c_03

 
レーススペックと言えばCR-T サイレンサーは、もうご存知の方もいらっしゃると思いますが、現在Moto2クラスで実際に使用されている物と同じ構造を持つサイレンサーです。最大限に軽量化され、最先端の技術が投入されたこのサイレンサーは、多くのMotoGPライダーからも支持されています。
 

タイトルなし
 

y23-c41t_6_1
y23-c41t_9_1

 

Y23-C41T_3
Y23-C41T_4

 

そしてスラッシュカットデザインが人気のS1サイレンサーです。他に類を見ない独創的な形状は、さすがイタリアンデザインといったところ。もちろん見た目だけでなく、チタンシェルによる軽量化、高パフォーマンスを引き出す内部構造などレースシーンの技術がフィードバックされた製品です。
 

Y23-C38T_33

 

フルエキゾーストパイプはいずれもにステンレス素材を使用し、2-1タイプとなっています。 さらに、中間パイプには、ラムダセンサー用の取り付けハウジングを持っているので、純正ラムダセンサーを使用する事も可能です。
 

 また、純正サイレンサーはタンデムステップと取り付けステーを共有しておりますが、こちらの製品にはブラックカラーの専用取り付けステーが付属しております。 ※本サイレンサー取り付け時にはR25 / R3 の純正タンデムステップはご使用いただけません。ご注意下さい。

 

とにかく、今日本でとても人気のあるYZF−R25 / R3ですが、そのバイクに世界No1エキゾーストシステムメーカーのレーシングエキゾーストを試してみませんか?きっとご満足いただけるはずです。 また、その他のサイレンサータイプを使用したフルエキゾースト・スリップオンも多数ご用意しておりますので、オーナーの好みにあったタイプがきっと見つかるでしょう!

コメント
© iMotorcycle Japan. All Rights Reserved.