カートの中には何もありません。

車種で探す

SC-PROJECTのNEWスタンダード!SC1-Rサイレンサーをピックアップ!

Share

 
みなさんこんにちは!ちょっと前になりますが、2018シーズンのMotoGP開幕に向け、マレーシア・セパンサーキットで今年最初のテスト走行が行われましたね。このテストで注目を集めたのはやはり、各チームのブリスターカウル搭載マシンです。いよいよ本格的にエアロ戦国時代へ突入しました。マシン本体の性能がある程度拮抗している時代において、各チームの多様なエアロカウルが戦局をどう左右していくのか、2018シーズンが非常に楽しみです。この進化は、オートバイ史における重要な歴史の1ページとなることでしょう。そのルックスも個人的にはとても格好いいと思います。市販のマシンにもブリスターカウルが採用される日が楽しみです。
 
sc-project_sc1-r_titanium
 
さて、そのMotoGPにおいて、今年もワールドチャンピオンを目指すSC-PROJECT(エスシープロジェクト)から、今日はSC1-Rサイレンサーをご紹介したいと思います。今週はSUZUKI GSX-R 1000 / R ’17-18用と、TRIUMPH STREET TRIPLE 765 S / R / RS '17-18 用の2種が入荷しましたので、このニューフェイスのサイレンサーをじっくりと見ていきたいと思います。
 
 

25498470_10157253587412293_4438040903283846851_n

22730083_10156872874772293_1037506082400262508_n

 

SC1-Rサイレンサーは、SC-PROJECT(エスシープロジェクト)の研究開発部門により、スーパーバイク世界選手権(WSB)における、新たなスタンダードサイレンサーとなるべくして開発されました。すでに複数のチームでSC1-Rサイレンサーが実戦投入されています。
 

s16-t91t_2_1

 
こちらはGSX-R 1000 / R ’17-18用SC1-Rスリップオンサイレンサーです。ダイヤモンド形状のボディはフルチタニウム製で、大口径を維持しつつスリムにマウントさせることが可能です。エキゾーストエンドには、つや消しのカーボンファイバーがあしらわれ、全体のデザインをぐっと引き締めます。サイレンサーシェルには、SC-PROJECTロゴ、そして専用のSC1-Rロゴがレーザー刻印されています。(レーザー刻印はチタンタイプのみ)このように、アグレッシブかつ、レーシーな装いとなっています。
 

s16-t91t_06

s16-t91t_05

 
このSC1-Rサイレンサーは、ヨーロッパの厳しい排出ガスと騒音規制のEURO4に適合しています。その証であるeマークも刻印されており、サイレンサーエンドに装着されたバッフルは、固定ボルト自体が溶接にて固定されています。環境と騒音についても充分に配慮されたサイレンサーであることがわかります。
 
S16-T91T_8
 
そして今回入荷して初めて気づいて驚いたのがこちら。内蔵バッフルをよく見てみると、「SC」の文字がデザインされていました。以前からサイレンサーステーなどにも「SC」がデザインされることがありましたが、バッフルでは初のことです。
 
1511775652-suzuki_gsxr1000_gsxr_1000_scproject_sc1-r_sc1r_titanio_scarico_terminale_marmitta_gsxr1000_sc-project
 
このように、見えない所にもこだわるあたり、イタリア人デザイナーの美的感覚は流石ですね。やや的外れかもしれませんが、世界の黒澤明監督は、タンスの中身など映らないにも関わらず、ちゃんと服を入れていたという逸話を思い出しました。こういった細部へのこだわりを知ると、見る側、買い手側としては、作り手の気持ちが伝わってくるようで気分が高揚します。
 

t18-93t_2_2

t18-93t_6_2

 
こちらはSTREET TRIPLE 765 S / R / RS '17-18 用SC1-Rスリップオンサイレンサーです。こちらもサイレンサーの基本構造はGSX-R1000 / R 用と同じです。車種ごとに装着用ステーやリンクパイプの形状が異なります。サイレンサーの右側の写真は、インナーバッフル一体型のリンクパイプです。GSX-R1000 / R 用では、インナーバッフルはあらかじめ内部に装着されていましたが、STREET TRIPLE 765用では、インナーバッフルとリンクパイプは一体となっています。装着時には穴の空いた方をサイレンサーへと差し込み、車体側へと接続します。
 

t18-93t_3_2

 

リンクパイプ装着時はこのようにバッフル部分がすっぽりと隠れます。STREET TRIPLE 765用では、その取り付け位置がステップのすぐ下というローポジションなので、サイレンサーステーも短い物となっています。
 
t18-93t_edit
 
あらためてレーザー刻印されたロゴをよく見てみると、「SCR ACING TECHNOLOGY」の「R」の中に「1」が入っているのがわかります。ここにもデザインへの強いこだわりが感じられますね。STREET TRIPLE 765用SC1-Rサイレンサーの最大増加パワーは、+6.4HP / 8500 rpm 最大増加トルクは、+5.4Nm / 8500rpm。純正サイレンサーが約4.66kgなのに対し、SC1-Rサイレンサーは約2.4kgなので、およそ-4.0kgの軽量化が可能です。
 
1515664363-triumph_street_triple_rs_2017_sc1r_carbon_auspuff_sportauspuff_sc-project_scproject
 
STREET TRIPLE 765用では、外装がカーボンファイバー製のタイプもございます。チタンタイプとは異なり、フルカーボンルックになります。チタン・カーボンどちらも同価格です。車輌のカラーやお好みに合わせてお選び頂けます。
 

h19-91c_1_2

 
こちらは先日のX-ADV用カスタムパーツ特集のブログでもご紹介した、X-ADV用SC1-Rスリップオンサイレンサーです。エンド部分と同じように、メインシェル部分もつや消しのカーボンがあしらわれており、ドライカーボン製のプロテクターも付属します。

 

このように、スーパースポーツやネイキッド、スクーターに至るまで多様な車種にSC1-Rサイレンサーがラインナップされています。SC1-Rサイレンサーの現在のラインナップ一覧はこちら。この新しいサイレンサーは今後、SC-PROJECT(エスシープロジェクト)のスタンダードサイレンサーとして対応車種も増えていく予定です。その基本構造はWSBでも採用される高度なものでありながら、一般製品版においては、その基本構造にプラスして、EURO4基準を満たしている素晴らしいサイレンサーです。オフシーズンが開けるまでまだ時間はありますが、何事も準備は早いに越したことはありません。サイレンサー選びでお悩みの方、是非ともご検討ください。

コメント
© iMotorcycle Japan. All Rights Reserved.