カートの中には何もありません。

車種で探す

SC-Projectコピー製品が出回っております。ご注意ください

本ページ下部に様々なコピー品の写真を載せておりますのでご覧ください。


SC-Projectの工場は、イタリアのミラノ市近くの街にあります。この生産工場は6000㎡と広大で、この建物の中では、最先端のマシンをハイレベルな専門技術を持つ匠達が駆使し、SC-Project製品を日々製造しております。
SC-Projectエキゾーストシステムに使用されている材料は、この高度な技術と品質管理に見合うよう、最高品質の物だけを選出して使用しております。SC-Projectは、「MADE IN ITALY」と言うことに恥じぬよう、全ての生産過程においても、最高峰の技術を取り入れる様日々努力を積み重ねております。

そして、テクノロジーイノベーションは世界最高峰レースMotoGP・Moto2・Moto3・WSBK・WSSなどの実戦において、トップクラスのチームと技術提供する事により進化し続けております。
SC-Projectでは、弊社をはじめとする公認ディーラーを通じて製品を購入された全てのお客様に対し、高次元の技術・高いパフォーマンス・高い信頼性・高品質の製品をお届し続けることを常日頃から目標にしております。
その結果、SC-Projectのブランドイメージは、世界選手権や世界主要レースでは既に確立されており、二輪エキゾーストシステム業界の中でも世界トップクラスに位置していると自負しております。

しかし、SC-Project製品の供給が増えた現在、市場ではしばしば非常に完成度・品質の低いSC-Projectのコピー製品を目にします。こういった製品は、大概、技術も経験もない街の小さな工場で製作されている物がほとんどのようです。
オリジナル製品に比べれば、全ての面で劣っていることは明らかで、もちろん、Eマークによる認証もコピーされております。
この様なコピー商品は中国や東南アジア(インドネシア・タイ・台湾・ベトナム)などの国で製造されているケースが多いようです。

上記のようなコピー品は、すでに日本のオークションサイト等でも確認されております。 SC-PROJECT製品のご購入の際は、必ず弊社ウェブサイト、各取扱店、またはバイク販売店からご注文ください。 SC-PROJECT製品取扱店の詳細は弊社までお問い合わせください。

コピー製品は、もちろん、認可等を取得しておらず、技術的にも水準以下で、さらに粗悪な材料で製造されているため、簡単に破損する可能性が高いです。

オートバイに乗っている方なら容易に想像が出来ると思いますが、もしも、走行中にエキゾーストシステムが破損した場合、オートバイと人に与える被害は重大です。時には、重大な事故を引き起こす可能性もありますので、ご使用を避けてください。もちろん、そういった製品に対してのクレームやお問い合わせについては一切承っておりませんので予めご注意ください。

高品質製品を手に入れたい場合、やはりそれに見合う対価を支払う必要があると考えております。


価格について:


弊社ウェブサイトhttp://www.imotorcycle.jp/bike/sc-project.htmlの表示価格より異常に安かったりする場合は、コピー製品である可能性が高いので、ご注意ください。
高品質と最高素材を使用している場合、そこにはそれなりのコストが掛かっていることをご承知ください。SC-Project製品は、技術も経験ない小さな工場で生産されるコピー製品と比べて、品質管理・技術革新・最高材料全てにおいて、莫大なコストが掛けられており、イタリア国内で製造されております。したがって、価格的に高くなるのは至極当然なことなのです。
もし、偽物の素材、偽物の技術、偽物の品質を使用して作り上げられた製品ならば、安価に製作できることでしょう。しかし、誠意ある職人としては、それは決して許される製作方法ではないのです。
コピー製品の原産地:
SC-Projectのコピー製品は主に、他の製品同様、中国・東南アジア地域にて生産されております。
タイ・インドネシア・マレーシア・台湾・韓国・フィリピン・中国からの直接販売、および、その他の国のウェブサイトショップにはご注意してください。
コピー製品の品質は、品質的にとても満足できるものではありません。
これらコピー製品を実際に見れば、オリジナル製品との技術の差を一目瞭然で判断する事が可能です。恐らく、エキゾーストシステム製造の技術も経験もない人間がかかわっているに違いありません。
下記の点で大きな違いを確認する事が出来ます。


1. カーボンファイバー

それらが使用するカーボンは、多くの場合、ドライカーボンではなくウェットカーボンやカーボンルック材を使用しており、熱や振動により簡単に破損します。さらに内部には健康を害するような素材を使用しておりますので、非常に危険です。


2. 溶接

溶接部分は非常に質が悪いです。製品によっては、熱や振動により溶接部が剥がれ落ちる可能性がある物も見受けられました。それらを使用した場合、走行中にエキゾーストシステムのパーツが落下する可能性が高く、それに伴う事故が発生し得ます。


3. チタン

それらが使用するチタンは、多くの場合、中国製チタンを使用しており、その材質により発がん性物質が含まれる可能性がある物も存在しますので、非常に危険です。


4. パイプ

それらの製品は、専用パイプベンディングマシンを使用して製作されておりません。専用マシンは10万ユーロの費用がかかります。しかし、こういった高度なマシンを使用していない結果、美しいパイプベンディングは出来ず、接続パートが変形したり、多数のパイプを溶接で組み上げるので、非常に醜い製品となっております。


5. ロゴマーク

コピー商品のSC-Projectロゴの形・色・文字はオリジナル登録ロゴとは異なるケースが多いので、必ずご確認してください

以上の点からもわかると思いますが、最終的な外観は、最悪の品質のもので、組み立てに関しても非常に不精密です。
そして、それらのSC-Projectロゴマークは、登録商標のロゴとは異なります。ひどいコピー製品に至っては、

低品質のレーザー加工で刻印されております。

一番気をつけていただきたい点は、それらの使用素材(特に消音材)の中には発がん性物質を含む非常に危険なマテリアルを使用している点です。使用者の健康だけではなく、近隣者の健康に対して(特に家族や子供たち)も健康を損なう可能性があり、とても危険ですので、ご使用を避ける事をお勧めいたします。

偽造業者は、粗悪品にもかかわらず、オリジナル製品に近づけようと姑息な手段を構わず使用していますので、お気をつけください。

上記でも既に既述したように、ほとんどのコピー製品は、東南アジアと中国生産です。
コピー製品の広告は、これらの国からの製品を販売する特定の販売ウェブサイトで販売されております。
「Knalpot」と言うインドネシアの排気システム業者は、イタリアでは作製されていない製品を下記の様なわざと誤解を招くような文言を使用して広告等に掲載しておりますのでお気をつけください。
"Motorbike Italy project of exhaust system GP in titanium alloy with half pipe for bmw s1000 2014 2015 2016"
(オートバイ イタリアプロジェクト エキゾーストシステム ハーフパイプ&チタン合金 BMW S1000 2014 2015 2016用)
「Aliexpress」等で掲載されているコピー製品広告の統計を取った結果、多くの場合はウェスターユニオン・マネーグラムを通じて支払いを求め、EMS・City Link・チャイナポスタルエア・及び・その他アジア宅配便によって配送される場合がほとんどです。
こういった業者の場合、クレジットカードを使用したり、現金の送金は非常に危険です。商品配送の失敗という言い訳により、製品の未配達やクレジットカードのクローニング等の事件が発生する可能性を帯びています。決して、信用しないでください。
また、公式SC-Projectのカタログ写真を無許可で広告等に使用している場合もあります。

あまりにも価格が低かったりする場合は、特に注意が必要です。写真と明らかに違った製品が届いたり、製品自体が発送されない場合もあります。

SC-Project製品を購入する場合、弊社をはじめとするSC-Projectが承認した各国の正規輸入代理店で購入する事が一番の安全策と言えるでしょう。
最近では、SC-Projectでは生産していないサイレンサーやエキゾーストシステムが市場で販売されているケースがございます。
SC-Projectは、全ての車種に適合するエキゾーストシステムやコレクターパイプを生産しているわけではありません。一部のモデルのみ、しかも、綿密な打ち合わせを得て、その後、度重なるテストを繰り返し、納得がいく製品だけを製品化しております。
疑わしい製品を見つけた際には、弊社HPのSC-Projectページをご参照してください。
http://www.imotorcycle.jp/bike/sc-project.html
また、SC-Project製品の詳細につきましては、下記からご連絡ください。
info@imotorcycle.jp

© iMotorcycle Japan. All Rights Reserved.